頭巾としても使える風呂敷

和風の良さ例えば三角巾の代わりにバンダナを頭巾にする場合、
三角に折って、対角の部分で後ろ頭の辺りに
結ぶことになります。

バンダナの模様は大抵、中央が丸や四角の
模様になっていて、頭に巻くとその部分だけが
妙に目だってしまうのが嫌だな、
と言う方はいらっしゃいませんか?

かと言ってハンカチなどで代用すると、サイズが少し足りない場合もあり、
女性で長めの髪なら、襟足部分が結び目に巻き込まれて
痛い思いを我慢することもあります。

専用の三角巾を用意する前に、ちょっと風呂敷を探してみてください。表現する

風呂敷は「包む」ための道具ですので、頭もちゃんと包んでくれます。

バンダナやハンカチよりもっと大振りなので、
横に畳んでも後ろで結べます。

中央に目立った模様を持っているものも少ないので、
おでこのうえに三角形が乗っかって、妙なデザインにもなりません。

色柄もたくさんありますし、手作りすることもできます。
綿などの洗いやすいものを選べば、洗濯して頭巾以外の用途にも使えます。

風呂敷のクリーニング方法について

昔、着古した着物から、傷みの少ない部分を切り出して
風呂敷を作りました。つまり、風呂敷の材料は着物の材料なのです。

昔からの慣例から、また使いやすさ、美しさから、現在は古布ではなく
そう言った着物にも仕立てられる素材で作っている場合が多いです。

洗える着物が登場していますが、それでも他のものと一緒に
洗濯機に突っ込んで洗う、と言う方はいらっしゃらないと思います。季節

風呂敷も、お洋服の場合同様、品質表示をしていますので
まずはどんな繊維で織った生地か、確認してからの
お洗濯をおすすめします。

綿などの比較的扱いやすい素材の場合は、ご自宅で
手洗いすることもできますが、表示によってはクリーニング屋さんに
お願いするほうが安心な場合もあります。風景に合わせて

洗えそうだな、と判断したら、洗濯機ではなく
手で洗いましょう。

現在は自宅でできるお洗濯の方法も増えてきました。
たらいに洗剤液を作って、その中で優しく振り洗い、
と言う方法がよいでしょう。

ゴシゴシこすったり、強く揉み洗い、は避けて下さい。
粋にかっこよく風呂敷を使いたいですね!

風呂敷のイラストの特徴

カラー今や外国人観光客でも知らない人もいないというほど
大人気のプレゼントアイテム、風呂敷。

どんなものでも包めてしまう日本古来からのラッピングペーパー、
形がシンプルなので、包み方を勉強すると新たな発見も生まれます。

大きさによって使い分けができるので、大中小と持っておくと
エコバッグがわりにもなります。

そして色柄の種類が豊富なため、自分の風呂敷が
人と同じ柄ということは滅多にありません。

和柄はもちろんですが、年々洋風や北欧の柄も増えてきて
日本ならではの季節おりおりの風景もイラストで楽しめる
というのも特徴の一つです。

外国人観光客の方々にも、かさばらず、日本らしいアイテム
という理由でお土産物に大人気なんです。

場面販促物や記念品、ノベルティとしての要望も多く
オリジナル風呂敷をつくるお店も年々増加。

その動きをみても、古き良き日本のアイテムが
見直されてきているといえますね。

バッグにひとつ忍ばせておくと、いざというときに
活躍する風呂敷、今一度チェックしたいアイテムとなりそうです。