時代を超えてふろしきを利用するなら

ふろしきは長い間利用されてきましたが、最近になって生生日に伴い少しずつ日本の伝統的なものが使われなくなってきています。当然風呂敷も例外ではなく、その1つに入ると言っても良いかもしれません。実はこの歴史は非常に古く、500年以上前から人々の生活に馴染んできたものです。

例えば、山田土日柿の木の下で柿を拾ったとき、これを風呂敷に包んで帰れば同時に両手でも持つことができない量のものを入れることができるわけです。また、お隣さんに何か届け物をする時でも、これに包んでいくことが重要になります。

中身を見せても良いかもしれませんが、できるだけ中身を見せることを避けていたこの国では、現在でもポチ袋などがお年玉の袋に利用されている通り、中身を見せないことが多いようです。その時にふろしきと言うのは非常に重要な役割を果たしていました。

昨今は、これがあまり使われなくなってきましたので、歴史や伝統が非常に残っている京都市のエコちゃんがレポートをして、これを流行らせようとしているわけです。時代を超えて風呂敷を使う生活スタイルへのシフトをすることが必要ですが、同時に環境問題が解決できるというのも多くの人に知ってもらいたい日になります。

これを進化させるにはどうしたらいいか

最近の人々は、環境に配慮すると言うことが子供の家から教育されています。今の大人の中でも40代以上の人は子供の頃からそこまで教育されていなかった可能性が高いです。その上の大人の世代も、環境問題に関しては、あまり注目していませんでした。

レジ袋の代用

日本で本格的に環境問題が注目されるようになったのは、4大公害と呼ばれるものが発生した昭和40年から50年位でした。ただこれも局地的なもので全国的にはそこまで関係ないと言われていたわけですが、それもそのうち考え方が変わり全国でもあるいは地球全体で環境に対する認識をしなければならなくなったわけです。

ふろしきとこの話がどのように関係するかと言えば、風呂敷と言うのは何度でも再利用ができますのでゴミを減らすことにつながります。スーパーのビニール袋などを使うよりは、よほど良い事かもしれません。また、いらなくなったペットボトルをつぶしてこれを再び利用する時風呂敷に変化させることができてしまいます。

このような重要な事実があまり知られていないため、まだ利用率は少ないですがこれを京都市だけでなく国の単位で推奨するようになれば時代は少し変わっていくかもしれません。ふろしきも今まで通りのデザインだけでなく、新しい形に変えていくことが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)