時代を超えてふろしきを利用するなら

ふろしきは長い間利用されてきましたが、最近になって生生日に伴い少しずつ日本の伝統的なものが使われなくなってきています。当然風呂敷も例外ではなく、その1つに入ると言っても良いかもしれません。実はこの歴史は非常に古く、500年以上前から人々の生活に馴染んできたものです。

例えば、山田土日柿の木の下で柿を拾ったとき、これを風呂敷に包んで帰れば同時に両手でも持つことができない量のものを入れることができるわけです。また、お隣さんに何か届け物をする時でも、これに包んでいくことが重要になります。

中身を見せても良いかもしれませんが、できるだけ中身を見せることを避けていたこの国では、現在でもポチ袋などがお年玉の袋に利用されている通り、中身を見せないことが多いようです。その時にふろしきと言うのは非常に重要な役割を果たしていました。

昨今は、これがあまり使われなくなってきましたので、歴史や伝統が非常に残っている京都市のエコちゃんがレポートをして、これを流行らせようとしているわけです。時代を超えて風呂敷を使う生活スタイルへのシフトをすることが必要ですが、同時に環境問題が解決できるというのも多くの人に知ってもらいたい日になります。

これを進化させるにはどうしたらいいか

最近の人々は、環境に配慮すると言うことが子供の家から教育されています。今の大人の中でも40代以上の人は子供の頃からそこまで教育されていなかった可能性が高いです。その上の大人の世代も、環境問題に関しては、あまり注目していませんでした。

レジ袋の代用

日本で本格的に環境問題が注目されるようになったのは、4大公害と呼ばれるものが発生した昭和40年から50年位でした。ただこれも局地的なもので全国的にはそこまで関係ないと言われていたわけですが、それもそのうち考え方が変わり全国でもあるいは地球全体で環境に対する認識をしなければならなくなったわけです。

ふろしきとこの話がどのように関係するかと言えば、風呂敷と言うのは何度でも再利用ができますのでゴミを減らすことにつながります。スーパーのビニール袋などを使うよりは、よほど良い事かもしれません。また、いらなくなったペットボトルをつぶしてこれを再び利用する時風呂敷に変化させることができてしまいます。

このような重要な事実があまり知られていないため、まだ利用率は少ないですがこれを京都市だけでなく国の単位で推奨するようになれば時代は少し変わっていくかもしれません。ふろしきも今まで通りのデザインだけでなく、新しい形に変えていくことが重要になります。

ハンカチで重要なことを知ろう

人は人に助けられ人生を歩んでいきます。学校に入ってからも先生や友人の助けがあり協力やサポートがあって学校生活を楽しく送ることができているわけです。

社会人になっても先輩や上司の指導があり、同僚と切磋琢磨し励ましあうことで厳しい社会人生活を送っていけるわけなのです。こうした人々に感謝の気持ちを忘れてはいけません。

本当に世話になった、恩を感じているのであれば態度で示し礼を述べることも大事です。それにどんななギフトやアイテムがいいのかわからず困惑している人も多いでしょう。このような場合には、相手が気後れせず遠慮しないで受け取れる実用性の高いアイテムが良いのです。

感謝の気持ちを伝える

そのアイテムとはハンカチと言えるでしょう。社会人であれば持っていなければいけないものであり、毎日の生活に必要不可欠で実用的です。

ただ選ぶ際には、受け入れやすい模様で、洗練されてモダンであり、発色が色鮮やかなものを選ぶことが大事なのです。ところがデパートやネットショッピングで売られているハンカチと言えば、普遍的で個性がなく、洗練の言葉とは程遠いものばかりであり、買ってプレゼントしてあげようという気にはなれないのも事実なのです。

発色がきれいなものを選ぼう

デパートやネットショッピングでは、目を引く素敵なデザインや発色のハンカチをなかなか見つけることはできません。これは素材が化学繊維であったり、染色や捺染が中国で行われていたり、そもそも染料が悪いといったことがあげられるのです。

ハンカチをプレゼント

人に差し上げる以上高品質で発色がきれいな、洗練された素敵なハンカチを贈りたいと思うのはごく自然なことです。

それには京都のれんといった老舗の暖簾や手ぬぐい、
ハンカチ製作に特化した歴史ある業者に依頼しオーダーで作ってみると良いといえます。

京都で数多くの料亭や神社仏閣、旅館などの暖簾を手掛けてきていて、捺染技術も確かであり職人に技が光りオーダーしてつくれば必ず発色きれいなハンカチが出来上がること間違いありません。素材自体も天然の木綿を使っているので、肌触りは最高であり、一度使ってみるとほかのハンカチを使えなくなってしまいとりこになります。

オーダーする際には、人に差し上げることを想定し、様々なシーンや場面で使うことのできるファッションとコーディネートしやすい色彩に染め上げてもらうことも忘れてはいけません。男性ならブルー、女性ならピンクやベージュというものも良いでしょう。

エコロジー意識の高まりと健康的な生活

物質的に豊かになるよりも生活の中で、健康を意識してストレスをため込まないで暮らすことが現在の理想とされております。
ブランド物の洋服やバッグを買い揃えることは素敵なことですが、それ以上に家族や自分の健康を大切にすることは人生のクオリティを上昇させてくれるのです。

豊かに暮らす

そのために出来ることを実践してゆくことがウェルネスライフスタイルと言って、現在注目を集めております。
運動習慣を日々の生活の中に取り入れて無理なく行ってゆくには、スポーツジムに入会することもいいですが、例えば1日単位で使える24時間ジムなどを利用するのもお勧めです。
利用規約や責任感などに縛られて運動するよりも、時間と元気のある時に体を動かす方が有効的になります。
普段は近所の公園や土手沿いを、お気に入りのシューズを着用して歩くだけでも構いません。

気軽さを重視したいのならば風呂敷に折り畳み式の水筒を入れて、運動中に水分補給をすることがお勧めです。
水筒の中を飲んでしまえば、風呂敷と一緒に畳んでポケットの中に収納出来るので帰りの荷物を極力少なく出来ます。

風呂敷は古来よりサスティナビリティ志向の強い生活用品として知られており、フレキシブルな使い方が出来るグッズでした。
風呂敷で物を運ぶだけではなく、肌寒い日には首に巻いて防寒することも出来る万能アイテムです。

風呂敷は1枚持っていると便利です

風呂敷は日本古来のアイテムですが、布として考えれば世界中で類似のグッズは存在しています。
薄く強く通気性が高い素材であったり、反対にキャンバスのように厚く目の詰んだ布でも、鞄の片隅やポケットに入れておけばいざという時に大きな働きをしてくれるのです。

携帯が簡単

 

例えば木の枝の先端に付けて旗のような使い方をしたり、傷口に添え木をしてけがの治療に役立てたりも出来ます。
切り傷では包帯の代わりにも使えますし、頭にかぶれば陽射し避けにもなるなどアイデア次第で使い方は無数にあります。

こうした1つのアイテムで万能に使えるグッズを、ウェルネスライフスタイルグッズと呼び、エコロジーにも健康にも寄与するアイテムとして推奨されているのです。
世界中で医学の進歩や食料品の安定供給が出来るようになりましたが、健康寿命に関しては大きな伸びがありません。

これからの未来を考えてゆく上でのキーワードは、自分の健康を自分が管理するウェルネスという発想なのです。
毎日の生活の中に軽い有酸素運動を取り入れてみたり、朝晩の食事をバランスよく整えるなど自助努力で出来ることは少なくありません。

風呂敷の使い方が無数のアイデアに支えられているように、健康は自分が出来る少しの努力で大きく結果が異なるのです。

身近なアイテムでエシカルな生活が送れる

エシカルライフスタイルを実現することは難しいと思われがちです。
確かに、企業が行うような大掛かりな活動を個人で実施することは難しいと言えるでしょう。

しかしながら、実際には誰でもこれを簡単に叶えることができます。
身近なアイテムを購入するときに一工夫するだけでも、エシカルな選択を行えるようになるでしょう。

たとえば、ふろしきを購入することはエシカルな買い物だと言えます。
ふろしきは荷物を運ぶために活用することができるアイテムです。
今まではナイロン袋や紙袋を消費していた人でも、ふろしきを選べば
これらを消費することがなくなり、環境に優しい行動を起こすことができたと言えます。

風呂敷で環境に優しい働きを

ナイロン袋や紙袋は1度使用すれば捨ててしまう、汚れたり傷んだりしたら
捨ててしまう人が多いですが、ふろしきの場合は汚れても洗って
何度も使用できますし、長持ちするので長期的に使用することが可能です。

まだ購入していない、使ったことがないという場合は、
エシカルライフスタイルを実現するためにもふろしきの購入を検討してみてください。

すぐにでも始められますし個人で簡単に行えることなので、
このアイテムを購入する方法は非常におすすめです。

エシカル製品を購入すれば長く使用できる

ふろしきを購入するときには、たくさんの製品の中から目的に合ったものを
厳選することが大切だと言えます。エシカルであることをきちんと考えながら
選び抜いた購入品であれば、その場しのぎのものではなく、一生使える宝物になるはずです。

ふろしきを使用する行為自体が地球環境に優しいと言えますが、
もう一歩進んだ行動を起こすこともできます。

それは、再生素材でつくられたふろしきを購入することです。
実は、ペットボトルなどの本来であれば捨てられるものを
再加工して製造されているふろしきが増えています。

リサイクル素材を採用しているものは、エコであるだけでなく
耐久性にもこだわっていることが多いため、長持ちすることも期待できるでしょう。

長持ちする風呂敷

もちろん、これだけを意識して買う必要はありません。
エシカルな製品にもたくさんの種類があるので、素材だけでなく
色合いや柄などデザインも好きなものを選ぶことができます。

そのようにして選べば、地球環境に配慮しつつお気に入りのアイテムを選べるはずです。

ふろしきであれば何でも良いと思うかもしれませんが、
よりエコな選択をしたいのであれば素材にもこだわることができると覚えておきましょう。

風呂敷は現代の必須アイテム

以前は結婚式や葬式といった限られた場面でしか風呂敷は使用されず、1枚だけ購入しておけばいいと考えられていたものでした。

ところが現代になってそのスタイルを見直されるようになり、中には日替わりで異なった品を持ち歩く方もいるほどです。

その理由はエコバッグ、またはレジ袋というスタイルで常に持つことになったからです。

昔は商業施設でお買い物をすれば、必ずプラスチック製の袋が無料で手渡されました。

しかし、2020年から無償配布がなくなったことで、すべての人々が自身専用に袋を持ち歩いているわけです。

デザイン風呂敷専門店「kyofuroshiki.com」では、自前のエコバッグを風呂敷にしようという特設コーナーを用意して、購入者にアピールをなされました。
この集客が効果的で、幅広い年代の方に風呂敷が支持されるようになったわけです。

一般的なバッグとは異なり、折りたためば手のひらサイズになる点も注目を集めました。

コンパクトに持ち歩ける風呂敷

ポケットに入れて置けばいつでもすぐに取り出すことができ、男性も持ち歩いているほどです。

これからの社会を生きていくわれわれには、風呂敷は手放せない大切な生活用品という形になることでしょう。

おしゃれな柄の商品が揃う店

風呂敷を専門に扱っているインターネットサイト「kyofuroshiki.com」で、高い人気を誇っているアイテムなどをここで見ていきましょう。

デザイン風呂敷専門店となっているだけのことはあり、既存の無地でシンプルな商品とは一線を画します。
約2,000点もの豊富な品数を常に揃えていて、日本古来の和柄からアメリカンテイストを強く醸し出す商品もあるほどです。

大判サイズの品物が多い傾向で、一升瓶やワインボトルなどビン類を包むのにも役立つことでしょう。
トップページでは売れ筋商品ランキングというものがあり、これを見れば今どんな品が人気となっているのかをすぐに把握できます。

風呂敷の売れ筋をチェック

2021年2月時点だと、唐草模様・エスニックのお洒落な柄がトップとなっており、特に唐草模様は幼稚園・小学校の入学で子供に持参させるという方の声が多い傾向です。

人気アニメに登場している風呂敷と同じなのが理由であり、今ではお子さんでも風呂敷を愛用する時代となったことがわかります。

1枚あたり1,000円前後で手に入れられるショップで、購入しやすい環境を整えているのも特徴です。
デザイン風呂敷専門店であれば、お好みの品を見つけ出せます。

風呂敷で季節感を演出してみよう

お洋服を選ぶときには、季節感のあるデザインや色合いのものを選ぶ方が多いことでしょう。

春であれば明るい爽やかな色合いのものや、サクラをイメージさせるピンクのポイントが入っているものなどが人気ですし、秋であれば春とは対照的に紅葉をイメージさせるような茶系やオレンジ系がしっくりときます。

季節感がずれたデザインのお洋服は、周囲からも浮いてしまいかねません。
それと同じように実は風呂敷のデザインや色合いなども、季節感を演出してみると楽しくなるものです。

たとえば秋であれば、「松茸」「栗」「ブドウ」「林檎」など秋の食材がデザインが可愛くデザインされている風呂敷はいかがでしょうか。

秋のデザインの風呂敷

食材のデザインなんてと抵抗を感じる方もあるかもしれませんが、物を包んで腕に抱えてしまうと、スカーフと同様に一つ一つのデザインがくっきりと目立つこともありませんし、お洋服とは違って風呂敷のデザインは少しユーモアがあったほうが可愛くて楽しいものです。

さらにお洋服の色合いに合わせて選ぶとなお一層様になるのでおすすめです。

革の鞄などとは異なり価格が安いのも魅力です。
そのため、季節ごとに色々な風呂敷を買い揃えることもできます。

京都ふろしきドットコムから秋の新作発売中

秋の食材が可愛くデザインされた風呂敷をどこで購入することができるのでしょうか。

おすすめなのは、品数の多さや品質の高さ、そして価格が安い京都ふろしきドットコムです。
秋の新作風呂敷「果紋*実りいろ」が発売されました。

淡いピンクをベースに、柿・梨・ぶどう・りんご・いちじく・さつまいもなど、たくさんの秋ならではの食材がデザインされています。

さらに良く見てみると、柿や梨の断面が家紋のようにプリントされたデザインもあり、全体をほっこりとした和風テイストに仕上げています。

和紙や手描きの素材を切って、貼り絵にする技法が用いられているとのことです。
それをスキャンしてデータ化することで、貼り絵の質感までよく再現されています。

2巾(約70cm角)サイズで、価格は3,600円となっています。
風呂敷は鞄とは違って形の自由度が広いので、思っている以上にたっぷり物を包むことができます。

なお、発売を記念して11月30日までの期間限定で風呂敷リングがプレゼントとしてついてきます。

リングを風呂敷の結び目に通すことで、片手でも持ちやすくなるのはもちろんですが、より一層可愛いデザインに生まれ変わりますのでおすすめです。

風呂敷とリングの使い方

アウトドアで見直される風呂敷

古くは奈良時代からものを包む布として活躍してきた風呂敷は、
欧米化や近代化の波を受けて一時は廃れてしまったものの
近年では環境に優しいエコバッグのひとつとして
再び注目を集めています。

そんな風呂敷ですが、今ではアウトドアの分野でも
見直されていることをご存知でしょうか。

いつも身の回りにあるのが風呂敷

風呂敷とアウトドアという一見するとミスマッチと思える
二つですが、布きれ一枚でいろいろな形に変化させることが可能で
対象物に合わせてきれいに包み込めるため、アイデア次第では
使い勝手に優れた便利グッズに早変わりします。

近頃では屋外で使用可能なように防水加工されたものや
ビニールで作られたものなども登場するなど、和装を扱っている
お店ばかりではなく、アウトドア用品店でも購入することができます。

何かと荷物が多くなりがちなキャンプにおいて風呂敷が見直されてきた背景には、
それ自体が荷物にならないことがあります。

大きな荷物を包んで持ち運びができますが折りたたんでしまえば
ポケットに入れることも可能であるなど、帰宅するときに
邪魔にならないことが最大の魅力です。

デザインや種類も豊富なうえに価格も手頃なので、
アウトドアがお好きならば一枚用意してみてはいかがでしょうか。

キャンプにおけるフロシキの利用法とは

アウトドアの代名詞でもあるキャンプでは、フロシキを一枚持っているだけで
さまざまな利用法があります。

まずはその本来の使い方である「包む」ですが、衣類や食材などを
まとめて持ち運ぶことができます。

まとめて包める

人数分の衣類や食材などを用意するとかなりの量になってしまいますが、
それらを一度に包めることが大きな魅力です。

加えて、ボックスや袋に入れていた場合は手前のものから順に
取り出さなければなりませんが、フロシキであれば縛ってある部分を
ほどくことで全体が露出するため、必要なものを取り出しやすい
という特徴があります。

更に、作った料理や食器類など虫やほこりを付けたくないものには
上から被せるだけでカバーすることができますし、目隠しの役割も
果たすことができます。

また、大きめのフロシキであればクロスやタープとしても
使うことが可能で、芝生や濡れた地面の上に広げれば
レジャーシートとしても使うことができ、四隅を縛れば
バッグにもなります。

このように、消耗品がなくなったらコンパクトにまとめられて
荷物にもならないなど身支度も手軽で帰り支度も簡単なフロシキ、
日本の伝統的なアイテムを是非アウトドアでも
活用してみてはいかがでしょうか。

いつでもきれいな状態をキープできる

レジ袋有料化も始まりエコバッグ持参は必須になっています。
しかし、そのバッグも手で持ちますし、外気に触れて
コロナウィルスが付着している可能性はあります。

こまめに消毒するにもなかなか洗いにくい、さらにバッグだと
洗濯で形が崩れる心配もあります。

その点でも注目されているのが風呂敷です。
風呂敷なら形も自由に包めますし、持ち運びもコンパクトで便利です。

コンパクトに使える風呂敷

それに加えて洗濯もしやすいので、いつでも清潔でコロナウィルスの心配も軽減できます。
風呂敷は結び方もさまざまですから、いろいろなものを包めるのも魅力で万能です。

これからは衛生面を考えても、利便性を考えてもメリットが多い風呂敷は
持っていて損はないでしょう。エコバッグ必須の時代だからこそ、
その衛生面にも気を配らなくてはなりません。

すぐに洗えてたっぷり包める、さらには持ち運びもコンパクトなら
時代にあったエコバッグになります。柄もいろいろありますから、
自分らしさの表現としても楽しめます。

洗っても風合や丈夫さは損なわれないので、実用性や耐久性の面でも
日常使いをするのにぴったりです。コロナウィルスには洗濯できることは
大きなメリットで、安心につながります。

気持ちよく使えるから日常使いにぴったり

人の手には多くの菌がついています。いろいろなものを触ったり、
人と触れる機会が多いので意外と汚れています。

手が意外と汚れていれば、そこに直接的に触わるバッグの持ち手も
また汚れが蓄積しやすいです。ただ、見えない汚れだと気づきにくいですから、
清潔に保つためにこまめに洗おうという意識が働かないかもしれません。

しかも、生地によっては洗うと色むらが出たり形が崩れたり、
乾きにくいなどの問題もあります。

そこで便利なのがフロシキで、薄い生地で繊維もしっかりとしているので
洗濯しても長持ちします。容量もかさばらないので気軽に洗濯できて
清潔をキープしやすいのもメリットです。

清潔を保てる

フロシキは丈夫なのに薄手ですし、おしゃれなデザインも多くなっています。
普段使いにぴったりなのでどんどん使って、どんどん洗濯することができる
優れものとして注目されています。

また、フロシキは保管するのにも場所をとらないので、数枚用意しておいて
気分や目的で使い分けもできます。すぐに洗えて乾くので、
常にきれいな状態で安心して使えます。

すがすがしい気持ちで使えるから、食品から衣服など多くのものを
包むことに最適です。今の時代こそ、フロシキがぴったりなのです。

レジ袋有料化による影響

容器包装リサイクル法により2020年7月からレジ袋有料化が始まりました。

例外もありますが、基本はレジ袋はお金を払って手に入れるものへと変化したのです。
プラステック用のレジ袋はさまざまなお店で用いられているので、気軽に買い物をする際にもレジ袋に変わる代用品を持参する人が増えていきました。

そんな中で需要が高まっているのが、持ち運びのしやすいエコバックや再注目されている風呂敷です。
すぐにサッと取り出し使えるものは人気が高く、売れ行きも好調です。とくに風呂敷は形の決まったエコバックよりも使い勝手が良いと評判で、今再評価されています。

風呂敷が人気の理由としては、結び方を変えるだけでさまざまなものを包むことができるバッグへと変身する点です。
臨機応変な使い方ができ、小さく持ち運びができるので使い勝手が意外に良いと評判になっています。

風呂敷の利便性

デザインも豊富で、その日の気分やファッション感覚で色を選ぶこともできます。
とにかく1枚あるだけでとても便利で、ものによってバッグを使い分ける必要もなくなります。

ひと昔前はよく活用されていた使い方が改めて見直されているのです。もしかしたら風呂敷ブームもすぐ目の前にきているのかもしれません。

風呂敷を使いたくなる魅力とは

風呂敷の魅力はなによりもサイズを問わない使い方ができる点です。
コンビニで購入したおにぎりから、はたまたジムに行く際のヨガマットまで、結び方を工夫するだけで包めるのです。

デザインも豊富で、年齢関係なく持ち運べるという魅力もあります。
今までは着物に合わせて使うことが多かったので、デザインも落ち着いた柄が用いられていることもありましたが、最近では洋服に合った明るいデザインやキャラクターが採用されているものなど種類も豊富です。

種類の豊富な風呂敷

利用シーンも多岐にわたり撥水加工されている風呂敷なども発売されています。
冷凍食品を包んだり、雨の時には大活躍間違いなしです。

そして風呂敷は1枚の布なので洗いやすく、乾きやすいという点もあります。

洗える点は衛生面でも使いやすく利便性も高いです。

包み方に関しては関連本も多くあり、ネットでも結び方の例が紹介されています。
難しそうと懸念を示す人もいるかもしれませんが、慣れてしまえば案外簡単に包めてしまえます。

結びさえすればなんでも包めるので、見た目をあまりきにしない方はサッと結び包めば終わります。
逆に見た目がキレイに収まる結び方もあるので、習得して損はないです。

京都のれんの”絵画のように飾っておきたくなる”風呂敷「虹色の蝶」

月下の菊とともに照らされる「虹色の蝶」

「虹色の蝶」という風呂敷はその名称とは裏腹に落ち着きが
ある代物となっています。

濃い目の灰色に薄紫色のグラデーションがかかった生地に
描かれているのは白と紫色の菊で、それを照らす月にうっすらと
雲がかかっているのが特徴的です。

その背後に敷き詰められている菊の紋様もまた特徴的ですが、
何よりも目を引くのは光で描かれたような白い蝶です。

月よりも菊よりも一際目立つ華やかな虫は秋の風情が
感じられる風呂敷のなかでも、異彩を放っています。

虹色の蝶

しかしそのおかげで一見すると地味な風呂敷かと思いきや、
広げると広がる幽玄な世界に意表をつかれない人はいないはずです。

エステルシャンタンというポリエステル素材を採用しているので
機能的にも問題ないですが、この素材を採用したのは光沢感が
あるからに尽きます。

この風呂敷の色合いはグラデーションのように複数の色が重なり、
変化する事で幽玄な雰囲気を引き出していますが、光沢感がある事で
より一層上品さを増しているのです。

華やかでありながらも全体的に落ち着いた印象が強い品であるため、
贈り物の使いどころとしては目上の人や世話になっている人など
礼儀が求められる相手に用いるべきと言えます。

京都のれんの包装及びラッピング

基本的に京都のれんで販売している風呂敷は贈り物として
使用される事を前提としています。

勿論風呂敷をどう使うかは購入者もとい利用者次第ですが、
京都のれんではすぐに贈り物となるように包装及びラッピング
のサービスを常に実施中です。

包装及びラッピングのサービスとは文字通り、オリジナルの箱や
PP袋に入れるサービスとなっています。

上品な柄

箱の場合は用いられるものは貼箱で、白と紫、そして緑色の
3色が連なる亀甲文様に会社のロゴが入った包装紙や無地の
包装紙を使ったりなど本格的です。

ただし箱と包装紙は今後変わる可能性があるため、気をつけ
なくてはなりません。

なお箱詰めする際は料金が発生しますが、それはのしでも同様です。

のし紙を利用する方法は注文する際の手続きで「熨斗」と書かれた
項目を選択し、あとは備考欄に記入したい文字を入力するだけです。

備考欄に記入せずに「熨斗」を選択した場合は無地の状態で配送
されるため、手書きにしたいならお勧めです。

それから無料で、なおかつ気軽なPP袋は見た目はロゴ入りのマークが
貼られているだけですが、中には厚紙が挟まっています。

これによりシワがつかず、綺麗な状態で風呂敷を渡す事が可能です。