時代を超えてふろしきを利用するなら

ふろしきは長い間利用されてきましたが、最近になって生生日に伴い少しずつ日本の伝統的なものが使われなくなってきています。当然風呂敷も例外ではなく、その1つに入ると言っても良いかもしれません。実はこの歴史は非常に古く、500年以上前から人々の生活に馴染んできたものです。

例えば、山田土日柿の木の下で柿を拾ったとき、これを風呂敷に包んで帰れば同時に両手でも持つことができない量のものを入れることができるわけです。また、お隣さんに何か届け物をする時でも、これに包んでいくことが重要になります。

中身を見せても良いかもしれませんが、できるだけ中身を見せることを避けていたこの国では、現在でもポチ袋などがお年玉の袋に利用されている通り、中身を見せないことが多いようです。その時にふろしきと言うのは非常に重要な役割を果たしていました。

昨今は、これがあまり使われなくなってきましたので、歴史や伝統が非常に残っている京都市のエコちゃんがレポートをして、これを流行らせようとしているわけです。時代を超えて風呂敷を使う生活スタイルへのシフトをすることが必要ですが、同時に環境問題が解決できるというのも多くの人に知ってもらいたい日になります。

これを進化させるにはどうしたらいいか

最近の人々は、環境に配慮すると言うことが子供の家から教育されています。今の大人の中でも40代以上の人は子供の頃からそこまで教育されていなかった可能性が高いです。その上の大人の世代も、環境問題に関しては、あまり注目していませんでした。

レジ袋の代用

日本で本格的に環境問題が注目されるようになったのは、4大公害と呼ばれるものが発生した昭和40年から50年位でした。ただこれも局地的なもので全国的にはそこまで関係ないと言われていたわけですが、それもそのうち考え方が変わり全国でもあるいは地球全体で環境に対する認識をしなければならなくなったわけです。

ふろしきとこの話がどのように関係するかと言えば、風呂敷と言うのは何度でも再利用ができますのでゴミを減らすことにつながります。スーパーのビニール袋などを使うよりは、よほど良い事かもしれません。また、いらなくなったペットボトルをつぶしてこれを再び利用する時風呂敷に変化させることができてしまいます。

このような重要な事実があまり知られていないため、まだ利用率は少ないですがこれを京都市だけでなく国の単位で推奨するようになれば時代は少し変わっていくかもしれません。ふろしきも今まで通りのデザインだけでなく、新しい形に変えていくことが重要になります。

エコロジー意識の高まりと健康的な生活

物質的に豊かになるよりも生活の中で、健康を意識してストレスをため込まないで暮らすことが現在の理想とされております。
ブランド物の洋服やバッグを買い揃えることは素敵なことですが、それ以上に家族や自分の健康を大切にすることは人生のクオリティを上昇させてくれるのです。

豊かに暮らす

そのために出来ることを実践してゆくことがウェルネスライフスタイルと言って、現在注目を集めております。
運動習慣を日々の生活の中に取り入れて無理なく行ってゆくには、スポーツジムに入会することもいいですが、例えば1日単位で使える24時間ジムなどを利用するのもお勧めです。
利用規約や責任感などに縛られて運動するよりも、時間と元気のある時に体を動かす方が有効的になります。
普段は近所の公園や土手沿いを、お気に入りのシューズを着用して歩くだけでも構いません。

気軽さを重視したいのならば風呂敷に折り畳み式の水筒を入れて、運動中に水分補給をすることがお勧めです。
水筒の中を飲んでしまえば、風呂敷と一緒に畳んでポケットの中に収納出来るので帰りの荷物を極力少なく出来ます。

風呂敷は古来よりサスティナビリティ志向の強い生活用品として知られており、フレキシブルな使い方が出来るグッズでした。
風呂敷で物を運ぶだけではなく、肌寒い日には首に巻いて防寒することも出来る万能アイテムです。

風呂敷は1枚持っていると便利です

風呂敷は日本古来のアイテムですが、布として考えれば世界中で類似のグッズは存在しています。
薄く強く通気性が高い素材であったり、反対にキャンバスのように厚く目の詰んだ布でも、鞄の片隅やポケットに入れておけばいざという時に大きな働きをしてくれるのです。

携帯が簡単

 

例えば木の枝の先端に付けて旗のような使い方をしたり、傷口に添え木をしてけがの治療に役立てたりも出来ます。
切り傷では包帯の代わりにも使えますし、頭にかぶれば陽射し避けにもなるなどアイデア次第で使い方は無数にあります。

こうした1つのアイテムで万能に使えるグッズを、ウェルネスライフスタイルグッズと呼び、エコロジーにも健康にも寄与するアイテムとして推奨されているのです。
世界中で医学の進歩や食料品の安定供給が出来るようになりましたが、健康寿命に関しては大きな伸びがありません。

これからの未来を考えてゆく上でのキーワードは、自分の健康を自分が管理するウェルネスという発想なのです。
毎日の生活の中に軽い有酸素運動を取り入れてみたり、朝晩の食事をバランスよく整えるなど自助努力で出来ることは少なくありません。

風呂敷の使い方が無数のアイデアに支えられているように、健康は自分が出来る少しの努力で大きく結果が異なるのです。