アウトドアで見直される風呂敷

古くは奈良時代からものを包む布として活躍してきた風呂敷は、
欧米化や近代化の波を受けて一時は廃れてしまったものの
近年では環境に優しいエコバッグのひとつとして
再び注目を集めています。

そんな風呂敷ですが、今ではアウトドアの分野でも
見直されていることをご存知でしょうか。

アウトドアでの風呂敷

風呂敷とアウトドアという一見するとミスマッチと思える
二つですが、布きれ一枚でいろいろな形に変化させることが可能で
対象物に合わせてきれいに包み込めるため、アイデア次第では
使い勝手に優れた便利グッズに早変わりします。

近頃では屋外で使用可能なように防水加工されたものや
ビニールで作られたものなども登場するなど、和装を扱っている
お店ばかりではなく、アウトドア用品店でも購入することができます。

何かと荷物が多くなりがちなキャンプにおいて風呂敷が見直されてきた背景には、
それ自体が荷物にならないことがあります。

大きな荷物を包んで持ち運びができますが折りたたんでしまえば
ポケットに入れることも可能であるなど、帰宅するときに
邪魔にならないことが最大の魅力です。

デザインや種類も豊富なうえに価格も手頃なので、
アウトドアがお好きならば一枚用意してみてはいかがでしょうか。

キャンプにおけるフロシキの利用法とは

アウトドアの代名詞でもあるキャンプでは、フロシキを一枚持っているだけで
さまざまな利用法があります。

まずはその本来の使い方である「包む」ですが、衣類や食材などを
まとめて持ち運ぶことができます。

まとめて包める

人数分の衣類や食材などを用意するとかなりの量になってしまいますが、
それらを一度に包めることが大きな魅力です。

加えて、ボックスや袋に入れていた場合は手前のものから順に
取り出さなければなりませんが、フロシキであれば縛ってある部分を
ほどくことで全体が露出するため、必要なものを取り出しやすい
という特徴があります。

更に、作った料理や食器類など虫やほこりを付けたくないものには
上から被せるだけでカバーすることができますし、目隠しの役割も
果たすことができます。

また、大きめのフロシキであればクロスやタープとしても
使うことが可能で、芝生や濡れた地面の上に広げれば
レジャーシートとしても使うことができ、四隅を縛れば
バッグにもなります。

このように、消耗品がなくなったらコンパクトにまとめられて
荷物にもならないなど身支度も手軽で帰り支度も簡単なフロシキ、
日本の伝統的なアイテムを是非アウトドアでも
活用してみてはいかがでしょうか。

いつでもきれいな状態をキープできる

レジ袋有料化も始まりエコバッグ持参は必須になっています。
しかし、そのバッグも手で持ちますし、外気に触れて
コロナウィルスが付着している可能性はあります。

こまめに消毒するにもなかなか洗いにくい、さらにバッグだと
洗濯で形が崩れる心配もあります。

その点でも注目されているのが風呂敷です。
風呂敷なら形も自由に包めますし、持ち運びもコンパクトで便利です。

コンパクトに使える風呂敷

それに加えて洗濯もしやすいので、いつでも清潔でコロナウィルスの心配も軽減できます。
風呂敷は結び方もさまざまですから、いろいろなものを包めるのも魅力で万能です。

これからは衛生面を考えても、利便性を考えてもメリットが多い風呂敷は
持っていて損はないでしょう。エコバッグ必須の時代だからこそ、
その衛生面にも気を配らなくてはなりません。

すぐに洗えてたっぷり包める、さらには持ち運びもコンパクトなら
時代にあったエコバッグになります。柄もいろいろありますから、
自分らしさの表現としても楽しめます。

洗っても風合や丈夫さは損なわれないので、実用性や耐久性の面でも
日常使いをするのにぴったりです。コロナウィルスには洗濯できることは
大きなメリットで、安心につながります。

気持ちよく使えるから日常使いにぴったり

人の手には多くの菌がついています。いろいろなものを触ったり、
人と触れる機会が多いので意外と汚れています。

手が意外と汚れていれば、そこに直接的に触わるバッグの持ち手も
また汚れが蓄積しやすいです。ただ、見えない汚れだと気づきにくいですから、
清潔に保つためにこまめに洗おうという意識が働かないかもしれません。

しかも、生地によっては洗うと色むらが出たり形が崩れたり、
乾きにくいなどの問題もあります。

そこで便利なのがフロシキで、薄い生地で繊維もしっかりとしているので
洗濯しても長持ちします。容量もかさばらないので気軽に洗濯できて
清潔をキープしやすいのもメリットです。

清潔を保てる

フロシキは丈夫なのに薄手ですし、おしゃれなデザインも多くなっています。
普段使いにぴったりなのでどんどん使って、どんどん洗濯することができる
優れものとして注目されています。

また、フロシキは保管するのにも場所をとらないので、数枚用意しておいて
気分や目的で使い分けもできます。すぐに洗えて乾くので、
常にきれいな状態で安心して使えます。

すがすがしい気持ちで使えるから、食品から衣服など多くのものを
包むことに最適です。今の時代こそ、フロシキがぴったりなのです。